アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
オススメリンク

大切な家族。弔いはしっかりと行いたい。そんな貴方におすすめするのはペット供養です。納骨から墓地までしっかりと用意されているので安心して任せることが出来ますよ。
泣く女性 犬の散歩
泣く女性

現在において家庭に子供がいる場合においての命の教育をするためが一般だったのですが、今は一人暮らしの家庭において心の拠り所としてペットを家で飼う人が増えています。
そのためこれまではマンションなどの集合住宅ではペットを飼うことができないことが多かったのですが、このペットと共に住むという需要からペット同伴で済むことができる環境が整うなどペットと人間が共生する環境が出来ています。
しかしペットもまた生き物であるため病気やけがをするものであり、さらにそういったものが原因で命を落とすこともあります。
そのペットが命を落とした際に、そのペットを動物として見るのではなく家族として見ることが認知している現在において広まっているサービスがペット葬儀です。
このペット葬儀とは先に言ったとおりにペットは動物として見るのではなく家族として認知する人が多いために、そのペットが亡くなった際に人間と同様に弔う儀式を行うことを指します。
まずペット葬儀は愛するペットが亡くなった後に各自治体もしくは専門の行者に委託して供養をしてもらった後に、そのペットを棺に入れて火葬します。

そして火葬をした後は人間と同様に骨を骨壺に入れた後に、その骨を再び供養して専門の霊園にお墓を設置して骨壺を安置します。
これまでのペット葬儀は主に犬や猫と言った哺乳類が一般だったのですが、近年ではペットショップにおいて動物の輸入が解放されることで様々なペットを飼うことができることから、このペットペット葬儀もまた火葬から霊園に安置するまでの種類が多様化し料金も変わっています。
まずインコや観賞魚と言った小型のペットにおいての価格としては平均として1万円が金額となっており、それから先の小型の小動物であるヘビやハムスターなどは1万5千円そして従来の犬や猫などの大型のペットの料金は火葬と霊園を行うと平均価格として2万5千円が標準価格となっています。
これから先においてはペット事情も輸入の緩和によって変わっていくので、この料金もこれから先の需要を見据えて変化していくものと言えます。

犬の散歩

ペットは人間よりも寿命が短いものであり、いつかは見送らなくてはならないものでもあります。
ペットが亡くなった場合の火葬や霊園の準備など、場所や費用、方法など特殊であることからとくに初めてのペットの場合には生前から理解し準備しておく必要があります。
ペット葬儀には、大きく分けて火葬、お墓の準備の2つを決める必要があります。
ペットの火葬は、市町村など自治体で行われているものはリーズナブルな価格で利用ができますが、火葬場までペットを自分で運搬しなくてはならず、大型犬であったり自宅に車が無い人には不便なものです。
住んでいる地域によっては行っていない場合もあり、近くても飼い主の住所が別の自治体であれば受け付けてもらえないケースもあります。

ペット火葬専門の移動車サービスを利用する方法もあり、ペットが一緒に暮らしてきた自宅の庭先や駐車場まで設備の整った車で来てもらって供養できるものです。
初めてのペットなので良く分からず、専門家に相談して行いたい場合には、ペット葬儀会社を利用すると火葬からお墓の手配、希望者には通夜や葬式の準備もしてもらえるのでとても便利です。
亡くなってすぐに自宅に来てもらい、打ち合わせとともに自宅内での祭壇の設置や納棺式なども行え、人間同様に六文銭や守り刀を準備してもらうことができます。
お焼香とスタッフによる読経が行われ、出棺をして火葬場まで向かいますが、ペットの送迎や飼い主さんたちも一緒に送迎してもらえる場合もあります。
火葬には、合同で行われる場合には返骨はなく合同霊園に埋葬されますが、個別に行えば我が家のペットだけの納骨堂安置や霊園にお墓を建てて埋葬することもできます。
ペット葬儀にはさまざまなサービスがありますが、これらの中にはオプションになっているものも多く、どこまで費用をかけるかも難しいものです。
近年ペット葬儀会社が増えて競合他社も多いため、独自のサービスをリーズナブルな価格で提案しているところもたくさんあります。